『悲しみよ こんにちは』フランソワーズ・サガン(新潮社)



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



『悲しみよ こんにちは』フランソワーズ・サガン(新潮社) 
 
 



作品名:悲しみよ こんにちは
作者:フランソワーズ・サガン
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 セシルはもうすぐ18歳。プレイボーイ肌の父レイモン、その恋人エルザと、南仏の海辺の別荘でヴァカンスを過ごすことになる。そこで大学生のシリルとの恋も芽生えるが、父のもうひとりのガールフレンドであるアンヌが合流。父が彼女との再婚に走りはじめたことを察知したセシルは、葛藤の末にある計画を思い立つ…。20世紀仏文学界が生んだ少女小説の聖典、半世紀を経て新訳成る。



 悲しみは自分の中にあるものだけど、悲しみに必要なのは自分以外を感じられることであり、その深さを決めるのは自分以外のものとの同化と離別によるのかもしれない。


スポンサーリンク

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9171608277714345"
data-ad-slot="5526742478">


スポンサーリンク

 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク