『悲しみよ こんにちは』フランソワーズ・サガン(新潮社)


Sponsored Link
Sponsered Link

『悲しみよ こんにちは』フランソワーズ・サガン(新潮社)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 




作品名:悲しみよ こんにちは
作者:フランソワーズ・サガン
出版社:新潮社
内容(「BOOK」データベースより)
 セシルはもうすぐ18歳。プレイボーイ肌の父レイモン、その恋人エルザと、南仏の海辺の別荘でヴァカンスを過ごすことになる。そこで大学生のシリルとの恋も芽生えるが、父のもうひとりのガールフレンドであるアンヌが合流。父が彼女との再婚に走りはじめたことを察知したセシルは、葛藤の末にある計画を思い立つ…。20世紀仏文学界が生んだ少女小説の聖典、半世紀を経て新訳成る。



 悲しみは自分の中にあるものだけど、悲しみに必要なのは自分以外を感じられる事であり、その自分以外のものとの離別と同化が悲しみの深さを決めるものとなるのかもしれない。


 

 

→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です