that節中の仮定法現在とshould


スポンサーリンク
スポンサーリンク

that節中の仮定法現在とshould 
 
 
They insisted that the chairperson be appointed by the committee members.
「彼らは議長が委員会のメンバーによって任命されるべきであると主張した。」


提案、勧告、要求を表す動詞はthat節を目的語に取る場合、その節内では動詞の原形か「should V」が用いられます。


ただこれでは問題を解く上で必要な知識であり、何故こうなるのかがこれでは説明されていません。


また、insistは「〜を主張する」で訳されており「提案、勧告、要求」とは一見繋がりがなさそうに見えます。


しかし「提案、要求、勧告」の共通点を見出すことができれば、上記した事柄をまとめて把握することができるので、まずは「提案、要求、勧告」の共通点を考えてみましょう。


例えば、相手に何かを提案する場合、それは相手がまだしていないけれど自分がした方が良いと思う時であり、要求する場合はまだ実現していないことを相手に求める時です。


こう考えてみると、「提案、要求、勧告」にはまだ実現していないが、話者がその内容を実現を前提としていることが分かります。


そして、これは事実と異なることを内容とするという点で仮定法と似ていることが分かるでしょうか。


ただし「仮定法過去」や「仮定法過去完了」は話者が起こらないことを前提としているのに対し、ここでは話者が起こることを前提として「提案、勧告、要求」を行っています。


ということで「仮定法過去」や、「仮定法過去完了」を用いるのではなく、「仮定法現在」がここでは用いられることになります。


「仮定法現在」は古風な英語では、条件を表すif節内でも使われていましたが、現代ではこの場合はあまり使われていません。


ただ、条件を表すif節内で使われていたということからも分かるように、この場合話者は起こることを前提としており、そういった場合にこの仮定法現在は用いられます。


これらをshouldが省略されたことよって動詞の原形になっているという説明している参考書等をよくみかけますが、仮定法現在が使われるのはアメリカ型の英語で、that節内でshouldが使われるのはイギリス型であると解釈する論も強いようです。


また「It is ~that -.」の「~」に「要求、提案、願望」を表す形容詞が入る場合も同様に、that節内で仮定法現在が使われます。


It is necessary that the worker should obey the regulation.
「その従業員はこの規則に従う必要があります。」

※この場合、that節内で原形を用いた形は可能。
It is necessary that the worker obey the regulation.


また「It is ~that -.」の「~」に「主観的判断」を表す形容詞が入る場合も同様に、that節内で仮定法現在が使われます。


It is natural that there should be minor differences of opinion.
「意見の小さな違いがあるのは当然である。」

※この場合、原形を用いた形にはできません。ただし、there are minor differencesの形は可能。


また、同じく「It is ~ that -.」の「~」に「感情」を表す語が入る場合も同様に、that節内で仮定法現在が使われることがあります。

It is surprising that she should have attended the meeting.
「彼女がその会議に出席したなんて驚きだ。」

※この場合、原形を用いた形にはできません。ただし、she attended the meetingの形は可能。


以上「It is ~that -.」で〜に形容詞が入るパターンの紹介でしたが、〜に「主観的判断」もしくは「感情」を表す形容詞が入る際はthat節内では動詞の原形が用いられない点に注意が必要です。


またこれらの形容詞が用いられた場合に使われている助動詞shouldは

How should I know where she is?
「私が彼女の居場所を知っているはずがない。」
(直訳:どうして私が彼女の居場所知っているだろうか。)


となる修辞疑問文と同様に、主観を強調するshouldと解釈することができます。



蛇足かもしれませんが、一番最初の文で出てきたinsistは「要求」の意味で用いられていますが、「主張」を表す場合にはthat節内では原形は用いられません。

His wife insisted that he was innocent of the murder.
「彼の妻は彼はその殺人を犯していないと主張した。」

仮定法現在を用いるのは話者が起こることを前提としているものですから、断定的な「主張」とは合わないためです。


スポンサーリンク
スポンサーリンク




→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村

↑↑↑こちらからも↑↑↑



→SITEMAP←





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です