【接頭辞 】 co-


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1822289/348visitors



【接頭辞 】 co- 
 
 
 今回は接頭辞「co-」に関しての説明です。


 「co-」が頭に付く単語では何が思いつくでしょうか。


 例えばcooperate、基本単語として一語で頭に入れている方も多いでしょうが、分解すれば【co- + operate「働く」】となり、

Our president should cooperate with us for the future prosperity of our company.
「社長は将来の我が社の発展のために私達と協力すべきである。」

と「協力する」の意味となります。


 また、coexistは【co- + exist「存在する」】で、

The fear in your mind cannot coexist with harmony.
「心に恐れがあれば協和は成り立たない。」

と「共存する」の意味となります。


 これらの単語を通して分かるように、co-もしくはcom-、con-が付く単語は

①共に
②補助

の意味を表しています。

 
 名詞に付く場合もあり、

I was so busy that I had little talk with my coworkers.
「忙し過ぎて同僚とほとんど話をする事ができなかった。」

【co- + worker「働く人」】で同僚の意味となります。


 また、「共に」という意味から前置詞であればwithと一緒に用いられやすいということもおさえておきたいところです。


 
↓接頭辞co-を用いた語↓
cooperate「協力する」
coexist「共存する」
coedit「共同で編集する」
copilot「副操縦士」
cohabitation「同棲」
coincidence「同時に起こる事」


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    肉師じじい - ミートマスタージジイ

    肉師じじい – ミートマスタージジイ

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

    遺失物管理所

    遺失物管理所



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←