hibi



 







hibi | PHILOZOE



 
 
 
DINNER

per person

around

3 5 0 0  YEN

 
 
 
 
 
 
 今回は兵庫の元町駅周辺にある「hibi」さんにお邪魔してきました^^

 知人の方に兵庫で美味しいお店がないかとうかがってみたところ、イタリアンをやっているお店がお洒落な焼き鳥屋さんを出したとのこと。

 これは行かないわけにはいかないと思いお店の近くに行ってみると、場所はどうやら雑居ビルの6階にある様子。

 エレベーターを降りてみると、

 

ビルの下とはガラッと変わった雰囲気の空間が広がります!
 
 店内はかなり広々としておりテーブル席で12席でカウンター席も同じく12席、


カウンターであれば広々としたキッチンで焼き上がっていく焼き鳥を見ながら料理が来るのを待つことができます!^^
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 今回は1,800円でお任せ串7本を注文させていただくことに。

 串が来るまでに少し時間がかかりそうなので何か一品ものを注文しようと思ってメニューを見ていたのですが


お店にはしっかりとしたワインセラーがあり、ワインに合いそうなものをということで


こちらのチーズがたくさんかかった胸肉のカルパッチョを注文。

 根セロリにペーストされたリンゴが入っており、少しクセの強いチーズにリンゴの甘味の重なりが鶏肉とよく合います^^

 さすが、系列店がイタリアンのお店ということもあって、一品料理でもお酒がすすみます!


 そして、一品料理を食べているうちに串が運ばれてきます。

 まずはねぎ身


一品ものが美味しかったのだから…と思い串から口へと移すと、皮の風味が口いっぱいに広がり、ねぎの汁とまざると鳥の甘味が一層引き立ちます!

 一串、一串の量もしっかりとしており







せせり、せせり、ささみ、手羽、きも、そしてつくねと以上7本。

 中でも印象的だったのはささみとつくね。

 ささみはぱさぱさしているという食感をくつがえすじゅわっと滲み出る脂。

 つくねは塩がメインの串が続いた後に甘いのでくるので

「じゃあ、あと何本か食べとく?」

と思わず出てしまう、見事な構成です(笑)

 もちろん、追加で串を注文させていただき


肩肉は皮の風味を味わうこともできれば、脂もしっかりとしていてこれまた美味!


 シメに御飯のお料理も用意されていて


焼きおにぎりの鶏節茶漬けは、ライスオンライスでおこげが上に乗った一品ですが、味の強弱がさっきまでの串とは違った優しい鶏の味で一つにまとまられています!


 「焼鳥屋」と言われて連想するイメージとは大きく異なりますが、そのギャップが人気を呼びそうなお洒落で美味しいお料理がいただけるお店でした!^^




スポンサーリンク
スポンサーリンク