とんかつ 清水



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



とんかつ 清水 | PHILOZOE



 
 
 
 今回は京都の神宮丸太町駅付近にある「とんかつ清水」さんにお邪魔してきました^^

 
 以前、近くを通りかかり気にはなっていたものの


ここは京都、佇まいの良さからきっと敷居が高いに違いない、また別の機会にとそのまま幾月(笑)

 今回は近くにでかけた際にそういえばと思い出し調べてみると、なんとお値段1,500円ほどで肉厚なとんかつサンドが食べられるとのこと!

 土曜の開店時間丁度18時、予約が必要かもと思いながらも飛び込みで行ってみたところ丁度人数分空いているとのことで入店。

 席はカウンターのみで15席で、

 
この日はご主人一人で切り盛りされていましたが、料理を出す際にはどのお客さんにも必ず一言かけられていて、活気がある雰囲気^^

 もはや、敷居が高過ぎて入りにくいなどというのは杞憂も杞憂、壁一面には常連さんから一見さんにいたるまでのメッセージで溢れており、店内は呑みに行くにはぴったりの雰囲気です!
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 お昼時も開いていてランチもしているようですが、今回は夜なので居酒屋スタイル。

 つきだしもあるんですが


一品料理として出しても遜色ない仕上がりで、この日はこれとお漬物の盛り合わせで1人500円!

 とんかつは見るからに揚げるには時間がかかりそうなのですが、出てくるまでの時間もとんかつへの期待を膨らませながら待つことができるお味^^


 そうこうしているうちに他の方に料理が運ばれ始めたのですが、料理が出される度にあがる歓声!(笑)

 というのも、ほとんどのお客さんが注文しているとんかつサンドが



この見た目、思わず声がおさえきれなくなって声がでてしまうのも納得!

 もちろん自分も例にもれず、このほんのりしたピンク色の断面を見て、ため息にも似た歓声が出ました(笑)

 一つ一つの厚さも4cmほどあり


男の人でも一口で食べるのは難しいのではないかという大きさ!
 
 ここは服が汚れてでもと意を決して口の中へ、まず間違いなく脂がジュワッと出てくるだろうと一噛み。

 すると意外や意外、脂は思った以上には出ず、筋を切る度に脂っぽさの抜けた豚肉の香ばしさが口の中に広がります!

 豚肉と言えば脂の甘みを味わうものとばかり思っていましたが、豚肉の味を邪魔しない味つけのソースも相まって、パサパサにもなり過ぎず美味!

 これでお値段はどちらも1,500円、驚きの価格です(笑)


 ちなみに、こちらのお店カウンター越しにはお酒がたくさん並んでいますが、メニューは無しで店主の方に言えばおすすめのお酒を用意してくださるそう^^

 他にも日替わりで一品料理の用意もあるそうなので尋ねてみるも良し、カツサンドだけでもかなりの量があるのでお酒を呑みながら用意ができるまでカツサンドに思いを馳せるのも良いかもしれません!

 夜中の2時まで営業はやっているそうなので、どこか他のところで呑んでシメにカツサンドも良いかもしれません…(笑)

 個人的にはメニューにあったラーメンが気になるところ、もしこの豚肉を使っているなら美味しくないわけがない!

 是非とも再訪して他の一品にも舌鼓をうってみたいと思うお店でした!^^




スポンサーリンク
スポンサーリンク