北新地はらみ



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



北新地はらみ | PHILOZOE



 
 
 
DINNER

per person

around

7 0 0 0  YEN

 
 
 
 
 
 
 今回は北新地にある「北新地はらみ」さんにお邪魔してきました!
 

 店名に出ている通り、ハラミが心ゆくまで楽しめるとの前評判を各方面からうかがっていたこちらのお店^^

 個人的に大好きな部位を堪能できると聞いて、浮き立ちながらお店へ(笑)
 
 
 近くに別邸、天満にもお店がありますが、ここも入り口の上質な一枚板の扉含め、佇まいが和食店のようにどっしりしていています。

 そして、お店に入ると和の雰囲気に加わるモダンさ。

 調べてみれば、ここは大阪の有名なイタリアン「ポンテヴェキオ」さんの料理人の方が独立し出されたお店だそうで、雰囲気にもそれが表れているのでしょう。

 今回は1階のカウンター席に通していただきましたが、席数は3階建てで35席ほどで、貸切もできるそうです!
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 今回注文させてもらったのは7,000円の特上はらみコース!


 まずは一品目がハラミのユッケ風トリュフ添え

 
さすがの専門店、一品目からハラミの全面押し、味付けは肉の生々しい甘味というのを引き立てるようにトリュフも控えめな味のもの。


 焼肉の定番ナムルにキムチ盛り合わせ、新芽サラダ
 




 そして、ここから焼き物が続きます。


 まずは、厚切りタン


ハラミの専門店と聞いて、それ以外の部位にはあまりこだわっていないのかなと勝手に思っていたんですが、ここで猛省(笑)

 まず、こんなに厚いにはなかなかお目にかかれない!

 下味もしっかりついていてそのままでもいただけますが、ネギ塩ダレと一緒に食べれば、噛むとジュワッと口に広がる脂と相まってさらに美味^^



 お次は牛、豚、鶏のハラミ盛り合わせ


牛だけと思っていたところに不意打ち、味付けも鶏肉にはブルゴーニュバターが使われており、口内にまた違った味わいが広がります。


 そして、このお店の代名詞と言っても過言ではない、名物ハラミステーキ


ボリュームが写真では伝えきれないのがなんとも残念


網にのせても脂がしたたり落ちることはなく、網の上で熟成していくさまを見守っているような、食べるまでの過程も楽しめます^^

 もちろん、そのまま食べても美味しいのですが、


卵黄とトリュフの組み合わせと一緒に食べても良し、タレでも良し、塩でも良し!

 このレアの状態でも柔らかな噛み応えで、一方で一口噛めば脂が広がるのというお肉ではなく、焼き加減も相まって噛むほどに甘味が広がる上質なハラミです^^


 焼きの最後はホルモン三種盛り



 そして、締めにいただけるのがトリュフかけご飯


「最後お肉関係なくない?」

と思ったも束の間、ハラミを食べた時のお肉の味がぎゅっと濃縮されたタレをかけていただくのがこちらの一杯!

 卵かけご飯はもちろん醤油をかけていただいても美味しいですが、最後まで肉の味を楽しませてくれるのは流石^^


 これにデザートもついてきますが、お口になおしにぴったりの味



 コースの内容、またお店の場所柄、そしてお店の方の丁寧な接客、全てをとってみてもこれが7,000円というのは申し分なし!

 量もご飯ものは最後だけですが、それでお腹はかなり満たされます^^

 ちなみに、コースは2種類用意されており9,000円のものではハラミステーキのランクも上がるとのこと…

 再訪する際は是非こちらのコースを堪能してみようと思います!^^




スポンサーリンク
スポンサーリンク