善道


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1981301/207visitors





善道





 今回は北新地駅周辺にある「善道」さんにお邪魔してきました!


 北新地と言えば大阪でも屈指の歓楽街、その界隈で中華のランキングで上位に常に名を連ねているのがこちらのお店。

 
 場所柄、そしてこの人気、かなりお値段もはるだろうから何かの機会にと思っていたのですが、あらためて調べてみると値段は予想の半額ほど!


 これはいかない手はないと、早速訪問させていただくことに。
 
 

 お店の外観は間違いなく敷居が高そうです(笑)

 ただ、お店の中はカウンター10席に、奥に半個室があるのみで、堅苦しい雰囲気もありません^^
 
 
 ちなみにお店は18時〜の席は予約可能ですが、その後に関しては予約は取れず20時ごろから順次席が空き次第のご案内となるそうなので、ご注意を!
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 まずは最初に頼んだのは前菜6種盛り、お値段2,400円。

 前菜という言葉とお値段を結びつけて

「えっ、高くない?」

というのが、まず自分の率直な感想(笑)

 ですが、想像していたのが、一皿にちょこんと各品が乗っているというものだったのに対し、


出てきたのはこちら、少食の人なら2人で分けてもお腹いっぱいになってしまいそうな量!(笑)

 蒸し鶏、クラゲ、ピータン、刺身サラダ、そして嬉しいのが単品で頼めばそれだけでもお腹が一杯になってしまいそうなよだれ鶏がこの量で付いていること。


 よだれ鷄は鶏の柔らかな食感と甘さにぴりっと辛味がきいていて、中華料理では欠かすことができない香辛料の妙を垣間見ることができ、ここから先の料理への期待感も膨らみます!^^


 そして、辛味が最大限楽しめる中華料理と言えば、自分の中では間違いなく麻婆豆腐!


 花椒が効いていてピリリとしつつ、肉の甘味が脂とともにしっかり出ていて、これで900円とは驚きのお味^^


 お次はエビマヨ
 

サイズが大きい上に、衣は厚いのですがこれが甘いタレとしっかりからみつき、アーモンドの味も相まって美味!


 そして黒酢酢豚


見た目も味も初めての出会い、黒酢は酢であるにもかかわらず酸味と言っても丸みがあり、旨味の全面押し!

 また、酢豚と言えばパイナップルのイメージでしたが一緒に入っているのは山芋、食感の変化も楽しめます^^


 20時以降は予約も取れず、実際に足を運んで確認するしかないというのに、料理を頂いている間もお客さんの足は絶得ません。

 美食家の人たちからの評価を獲得し続けるこちらのお店、再訪して今回味わえなかったお料理も味わって見たいと思います!^^




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    バーガリオン

    バーガリオン

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

まだデータがありません。



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←