ヒレ好きSATOさん


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1981303/209visitors





ヒレ好きSATOさん




 今回は東京の阿佐ヶ谷駅周辺にある「ヒレ好きSATOさん(SATOブリアンさんごうに現在は改名)」さんにお邪魔してきました!


 こちらお肉好きなら知らぬ人はいないであろう有名店、「サトーブリアン」さんの系列店。


 系列店は阿佐ヶ谷駅周辺に5店舗ありますが、どこも1ヶ月前に予約可能になるとすぐに予約が埋まってしまうほどの人気!


 
 雰囲気は堅めのお店かなと思っていたのですが
 

お店の中は色調などは落ち着きあるものの、店員さんが常連さんにもそうでない人にも声をかけていて、活気があります^^


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




 今回、注文させていただいたのは11,000円のスタンダードコース!


 まずは前菜三種



三種…です、これに本来はキムチもありました(笑)

 この中でやはり目を引くのはビーフシチュー!

 お肉の専門店ならでは、前菜とは思えないボリュームでゴロゴロとお肉が入っており、スープの甘味がお肉の脂と混ざり、コクを生み出します^^

 コースの一品のなので、ボリュームがあるわけではありませんが、これだけでかなりの満足感!


 ここからは焼きのメニューが続きます。





 お肉は鮮度だけが命ではなく、どのように熟成させるか、冷凍であればどのように解かすか。

 切るにもどこから、どの厚さで、どのように魅せるか。

 また、焼肉であればなおさらいっそう、お肉の味を損ねないようにしながらどんな味付けを行うか。

 きっとこの道を生業にしているならば、もっとより多くのことを考えているのでしょう。

 そして、素人ながらに考えたことは全てが揃っているこちらのお店!

 ビーフシチューが一品に出てきたのも納得、後は全てお肉の本来の味を極力損なわず、それでいて出しきった味付けで楽しんで欲しいという思いからでしょう!


 ここまで、米は全く無し、ですが驚くほどの満足感!

 ただやっぱろ、こんなに美味しいお肉ならご飯とも合わせて食べてみたいというのが、本音(笑)

 そんな折にタイミング良く、今回最も楽しみにしていたのがこちらのお店の代名詞ともなりつつあるという、ブリ飯!

 まずはにんにくバター醤油とお肉が網の上に乗せられて、これだけお肉を食べているというのに、匂いで食欲がそそられます^^


 そして、タレをまとったお肉を


ご飯の上に乗せていただきます!

 お肉は最高級のシャトーブリアン、焼き加減はお肉の柔らかさが損なわれず、そして脂の旨味が口に広がります^^

 これにお米も一緒に口に運べば、濃い目のタレに脂の旨味、これにお米の甘味が合わさって美味しくないわけがない!


 最後には焼肉定番の冷麺も!



 『高いものは美味しくて当然』

という言葉はよく耳にしますが、素材をどこまで美味しくできるのかということは全く別物!

 焼肉という素材を焼くだけの単純に見える料理の奥深さと面白さを垣間見させていただきました!^^




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    バーガリオン

    バーガリオン

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

まだデータがありません。



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←