鮨 樋口



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



鮨 樋口 | PHILOZOE


 

 
 
 今回は心斎橋駅周辺にある「鮨 樋口」さんにお邪魔してきました。
 
 
 こちらのお店を来訪したのは、「サバサバ棒寿司」なるものの写真を見たのがきっかけ、


端的に言ってしまえば、見た目に惹かれました(笑)


 お寿司と言えば、ねた、その鮮度、捌き方に握り方、色々なものでその味が左右されるのでしょうが、写真ではなかなか伝えにくいということがほとんど(笑)


 繊細な味を文字で表すことができる力量もなく、「魅せるお寿司」に出会うまではと思っていたところに目が入ったのがこちらの棒寿司。


 これはいても立ってもいられないと思い訪問させていただきました。
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 大将から料理を焼き中心にするかそれともお刺身中心でいただくかと尋ねられ、今回は焼きで注文させていただくことに。


 最初に数品の中から小鉢を選ぶことができるんですが、今回は湯葉がつかわれた一品を注文


 次はのどぐろの焼き



 お寿司メインで来たはずなんですが、お魚が使われていない小鉢は美味しいし、焼きは火通し加減が絶妙で噛むとのどぐろの甘い脂がたっぷり口の中に広がります!

 小鉢も焼きも、その日に用意できるものを全て最初に見せていただけて、大将からもおすすめをきくことができ、食事の楽しみは増すばかりです。


 さざえのつぼ焼きは


最後まで美味しくいただけるように


一手間も加えていただけます^^


 期待が高まってきたところで、おまかせの握り




まごち、しまあじ、かわはぎ、酢のきいたしゃりで食べると醤油などで味付けする必要なくどれも新鮮な味わいが口に広がります。


 そして、心待ちにしていた「サバサバ棒寿司」は


一口で食べてしまうのがもったいないほど、色合いはもとより、昆布による味の重なり、そしてシャリが加わった食感が口に残ります!

 特にこちらの一品には大将もこだわっているようで、旬であっても色合い含め納得できるものがなければこちらの一品は出さないそう。

 素材を探すために毎日ご自身で市場をめぐっているそうで、まさに「魅せるお寿司」、見るだけではなく聞いて知って、さらに美味しく感じます。


 他にも、



その日のおすすめを聞き、大将と談笑をしながらお寿司をいただくこともできます^^


 カウンター8席にテーブル4席、席数が多いわけではありませんが、店内は広く、それでいて大将が気を使いきれる空間だというのがよく分かります!
 

 食事が終わった後も、しばらく長居してしまいましたが、堅苦しさがなく、そして程よい活気で溢れるお店。


 食事に少しばかりお酒をいただだいて15,000円ほど^^


 美味しいお寿司にお酒に肴、人にここぞと勧めたくなるお店です!^^
 
 
 




スポンサーリンク
スポンサーリンク