カランドリエ


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1885222/1083visitors



カランドリエ

 
 
 
 今回は本町駅付近にある「カランドリエ」さんにお邪魔してきました^^


 20年以上に渡って愛されている大阪のフレンチのお店!


 行った方が口を揃えて「素敵な時間を過ごすことができる」とおっしゃるこちらのお店。


 今回はランチでお邪魔させていただきました。

 
 お店の方の対応も非常に丁寧でお店も非常に落ち着いた雰囲気、これはコースが始まる前からお料理への期待感が高まります!
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク



 
 注文させていただいたのは5,400円のお料理3品にデザートのLa fleur「花」のコース。


 お店の名前のカランドリエというのは、フランス語でカレンダーの意味。


 「旬な食材を用いて、その時、その季節を、お皿の上で感じてもらいたい」というオーナーの気持ちから名前が付けられたそう。


 これを聞くとお店の方の食材へのこだわりがうかがえて、四季折々の食材を感じられるお料を理食べるのが楽しみになります^^


 ただ、コースが始まって最初に運ばれてくるのは、こちらのお店の名物となり、愛され続けているクロスメキ
 

 クロメスキというのは、コロッケのようなものを指すようですが、こちらのものはフォアグラのスープが中に入っており噛むと濃厚なスープが口に広がります…!


 そして、季節のお野菜が使われた前菜


添え物、脇役であることが多いネギが味、食感ともに楽しませてくれます^^


 サクラマスのポワレは、濃厚なソースがとろとその身を包みます



 メインはシャラン鴨、付け合わせの野菜を変えると口に広がる甘みもまた違う顔をのぞかせてくれます



 キィウイのコンポートバニラアイス添え

 
 
 そして、これでもう満足と食後の飲み物をいただいていると運ばれてくるのが


こちらのスイーツワゴン!
 
 こちらのお店ではパティシエの方2人がかりでデザートを用意されているそうで、それを聞いたら


全てをいただかずにはいかなくなりました(笑)


 名物がありながら、四季折々のお料理も楽しめるこちらのお店、次は是非ディナーで訪問させていただきたいと思います!^^




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    なかみせ

    なかみせ

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

まだデータがありません。



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←