炭火焼鳥コクレ



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



炭火焼鳥コクレ | PHILOZOE


 
 
 
DINNER

per person

around

4 0 0 0  YEN

 
 
 
 
 
 
 今回は福島駅周辺にある「炭火焼鳥コクレ」さんにお邪魔してきました^^


 焼鳥と言えば、頭にタオルを巻いた店主さんと気さくに会話をしながらビール片手に、一串一串を注文して楽しむ…


 そんなイメージをお持ちの方もいらっしゃる…はず?(笑)


 ただ、なんと今回訪問させていただいたコクレさんはコース料理と一緒に焼鳥を楽しむことができるお店^^


 福島の路地裏を行くとあらわれるこちらのお店


店先の赤提灯、焼き鳥屋の代名詞とも言える存在ですが、むしろ最近は見ることがなくなったので新鮮!


 外観は和風の感じが強めですが、



店内は和の風合いにモダンさ、そして伺ったのが冬だったのもあって、ストーブの暖かみがお店の雰囲気にお洒落さを加えています。


 席数はカウンターが6席に、4人がけのテーブルが1卓、2人がけのテーブルが1卓あります。


 今回はカウンター席に案内していただいたんですが、


目の前で焼いている様子が見えて、コースが始まる前から期待感が膨らみます^^


 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 そして、今回注文させていただいたのが3800円のコース!


 まずは付き出し


 かぼちゃのペーストに鶏肉を入れた茶碗蒸し、これは見た目も味も意表をつかれました(笑)

 かぼちゃの甘みと鶏肉がこんなに合うとは…


 うずらの醤油漬け



 写真では撮れていませんが、箱を開けるとモクモクと煙が出てきて、演出も面白い一品!

 ぷちっと弾けると、中から濃厚な黄身が飛び出してきて、口の中にじんわりと広がります^^


 フォアグラと金柑


 金柑はドライフルーツ、柑橘系の酸味がフォアグラの甘みを引き出します。


 鶏肉の生春巻き


 焼き物ばかりかなと思っていたところで、瑞々しい食感が口に広がります^^


 芽キャベツとコロッケ


 コロッケは風味づけのための芽キャベツの下、噛むとトロッと口の中に具材が溶け出てきます。


 これにマッシュルーム


 炭火の風味をしっかり吸い込んでおり、見栄えこそあまりしないものの、串への期待感が一層高まります!


 そして、メインとも言うべき串


 上に乗っているのは梅ではなく、ペイスト状のパプリカ、脂が少ないささみにはしっかりとした味付けで相性ピッタリ!




 最後のねぎまとパルメジャーノも絶品、チーズの甘みが鶏の脂を引き出し、瑞々しいねぎの旨味が口の中で混ざります^^

 ちなみに5本あるはずなんですが、美味しさのあまり食べるのに夢中になって一本撮り忘れてしまいました…(笑)

 カウンター席に座って店員さんの手さばきを見ていると、一串一串で焼き具合も異なっていてこだわりが見てとれ、口に運ぶのが惜しいくらい^^


 そして、メニューの最後にあったのが「卵かけご飯」、単品メニューを見ていたら準備に30分ほどかかるとのこと。

 どんな一品が出てくるのかと胸膨らませていると


出てきたのはなんと、セコガニが使われた蒸しご飯!

 これに醤油漬けしたたまひもをのせて頂くんですが、プチっと開けば味付けはこれだけでも十分!

 卵の味付けが鶏肉とご飯をしっかりまとめ上げてくれます^^

 2杯目は薬味と出汁をかけて頂けば、一つのお料理で二度楽しむことができます!^^


 焼鳥やさんに来ていることを忘れてしまうような前衛的な一品から、鶏の焼き方を熟知した一串に到るまで、間違いなくお値段以上の時間を楽しまさせていただきました^^




スポンサーリンク
スポンサーリンク