『硝子戸の中』夏目 漱石(新潮社)



 





This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

There may be an issue with the Instagram access token that you are using. Your server might also be unable to connect to Instagram at this time.



『硝子戸の中』夏目 漱石(新潮社)
ブログにサイドバーが表示されていない場合はページ下部に設置されている「Mobile Theme」で切り替えを行ってみて下さい(^^)

このブログのサイトマップへはこちらから

他の読んだ本へはこちらから 



 




作品名:硝子戸の中
作者:夏目 漱石
出版社:新潮社
期間:2013年11月5日(火)〜2013年11月28日(木)
内容(「BOOK」データベースより)
 硝子戸の中から外を見渡しても、霜除けをした芭蕉だの、直立した電信柱だののほか、これといって数えたてるほどのものはほとんど視野に入ってこない――。宿痾の胃潰瘍に悩みつつ次々と名作を世に送りだしていた漱石が、終日書斎の硝子戸の中に坐し、頭の動くまま気分の変るまま、静かに人生と社会を語った随想集。著者の哲学と人格が深く織りこまれている。



 行動には結果が感情には理由が必ずしも必要ではなく、またそれらは一様に推測の域を出ないだろう。

 ただそれらを考え重ね、求めるものに近づく事が束の間でも自分というものを感じさせてくれるのかもしれない。


 




スポンサーリンク
スポンサーリンク