麺と心 7


スポンサーリンク
スポンサーリンク




1497822/348visitors



麺と心 7

 
 
 

 今回は阿倍野駅周辺にある「麺と心 7」さんにお邪魔してきました^^


 99%が魚介素材でできており、濃厚な白湯スープが味わえるということを聞き、伺ってみることに^^



 お店は天王寺の繁華街からは少し離れた商店街にあります、が看板はかなり目立つので見過ごすことはないはず!(笑)


 店内は

 
カウンター8席、テーブルが2脚で8席あります。


 食券制ではなく、着席するとお店の方から丁寧にラーメンの説明があって、お客さんを大事にされているという印象です^^
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
 
 
 今回はお店の方も初回の方にはこちらをオススメしていますとのことだったので、濃厚魚介そばを注文。


 ただ、お品書きを見ていると気になるトッピング「カジキマグロの炙りたたき」なるものが。


 …いや、これ、話題作りのためのトッピングだと思う方もいるでしょう。


 そういう自分も少し怖いもの見たさがあって注文しました(笑)


 が、このカジキマグロの炙りたたき、魚介の旨味がぎゅっと詰め込まれて、塩っけあるスープと相性抜群!

 スープはお店の看板にも掲げられている通りくさみは一切ないのにまろやか、豚の味もほのかに感じられ、食欲がかき立てられます。

 焼き具合がレアのたたきは甘みと少しの渋みが塩っけと結びついて、ぴったりのトッピング^^

 たたきにレア感があるうちに食べるのがポイント、スープをあんまり混ぜたりはしない方が良いです(笑)

 レンコンは噛むと野菜の甘みが口の中に広がって、味にも食感にも変化がつきます。

 そして、麺はと言えばスープをはじめ主張が強いものがそろっている分、味は控え目ですがスープを味わうにはもってこいの麺肌!


 と、このラーメンだけでも十分満足だったんですが、カジキマグロの炙りたたきをトッピングにした分チャーシューを味わうことができなかったので、


ミックスチャーシュー丼も注文!

 …というのは言い訳ですね、隣の人が食べているのを見てあまりに美味しそうだったんで頼んでしまいました(笑)

 チャーシューとミンチ肉を刻んだものが入っていてミニならこれで350円、ラーメンが結構量があるので、これだけ食べれば大満足です^^


 魚介系のラーメンでまたお気に入りのお店が一つ、季節限定のメニューなんかも頻繁に出しているようなので、これから足繁く通うことになりそうです!^^




スポンサーリンク
スポンサーリンク



↓↓↓美味しいお店の情報↓↓↓

にほんブログ村 グルメブログへ 食べログ グルメブログランキング

↑↑↑こちらからも↑↑↑



Daily Ranking

    ル・ヌー・パピヨン

    ル・ヌー・パピヨン

    接続詞asの用法 - 時、理由、比例、様態、譲歩

    接続詞asの用法 – 時、理由、比例、様態、譲歩

まだデータがありません。



→Yuwaeteminoru English←



→GourLet Ranking←



→SITEMAP←



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です